人とモノとの出会いに感謝して日々を楽しむ
酒豪なアラフォーのトモヒコスこと佐藤智彦。
ボクの人生を支える愛するモノと音楽とともに
マイペース&セルフィッシュに語る人生の戯言集。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< wai wai world | main | prayer to sangye menla >>
season in the sun
春ですが、日焼けケアの話。


ボクが子供の頃は日焼けした肌が
健康だといわれていました。

でも最近では有害な紫外線は
避けるべき、とされています。

そこにメディアの影響もあってか
美白信仰が生まれ、
今では日焼けをすること自体が
マイノリティになってきたようです。

ところがボクは生まれつき色白なのが
コンプレックスの一つなので
今でも夏になると容赦なく日焼けします。

友人(40代・♂)曰く

「日焼けしたい訳?シミになるよ」

確かに。

まぁ、出来ればシミはないほうが良いですし、
肌はキレイであることに超したことはないでしょう。

でもこの世を去る時に、手入れの行き届いた
真っ白で美しい肌であることよりも、
多少シミがあっても人生を謳歌した勲章が
あっても良いとボクは想うのです。

と言ったら大げさかも知れませんが、
先日かなり日焼けをしたので
最初の2〜3日はケアしていました。

ボクがここ何年かアフターサンケアに
使っているのはkorres(コレス)という
ブランドの《ヨーグルトクーリングジェル》
です。

同ブランドはギリシャ・アテネ生まれの
ホメオパシー薬局としてスタート。
天然ハーブや自然の恵みをふんだんに使い、
石油由来原料や鉱物油とは無縁です。

以前ボクは日焼け後にアロエジェルを
使っていました。

確かにひんやり感が気持ち良いのですが、
原料にパラベンや人工香料の入っていることが
気がかりでした。

そんな時出会ったヨーグルトクーリングジェル。
その名の通りヨーグルトを使っているので
多少乳臭く、最初はあまり好きな香りとは
言えなかったのが事実です。

ただボクにはギリシャと言うと
紫外線が強いイメージを持っていて、
ギリシャ生まれなら何となく良いのでは?
と思って手を出したのが出会いでした。

かなりモッチリコッテリした質感のジェルは
べたつき感がなく、肌がしっとり。

このジェルはボクの肌とは相性が良いようで、
使い始めてから日焼けのダメージが最小限で
済むようになりました。

我が家では昨夏の使い残しが冷蔵庫にあり、
冷やして使うことで心地良さがさらにアップ。

今ではこの独特なジェルの香りが
ボクにとって夏の風物詩となりました。

今年の夏も我が家では大活躍することでしょう。

■ボクの手放せない日焼けケアセット。

左がコレスのヨーグルトクーリングジェル、
右は南インドのスーパーではどこでも購入出来る
食用としても使えるピュアなココナッツオイル。

ココナッツオイルを塗ってガンガン灼いたら
ヨーグルトジェルでケア。
ボクの夏に欠かせない組み合わせです。


◆コレスのウェブサイトはこちら

----------------------------------------
《本日の一曲》
■jacky & roy / "double take"より
4曲目"season in the sun"
----------------------------------------

日焼け跡、
夏の記憶を想い出し。
トモヒコス

JUGEMテーマ:日記・一般
COMMENT









Trackback URL
http://s.tomohikos.com/trackback/95
TRACKBACK

TWITTER