人とモノとの出会いに感謝して日々を楽しむ
酒豪なアラフォーのトモヒコスこと佐藤智彦。
ボクの人生を支える愛するモノと音楽とともに
マイペース&セルフィッシュに語る人生の戯言集。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< spring can really hang you up the most | main | season in the sun >>
wai wai world
また、アイツがやって来た・・・。


昨年夏、徹夜明けのボクの疲れた心と身体を
まるでドーピングのように刺激した衝撃のcd。

それが出稼ぎフランス人歌手(失礼・・・)こと
clementine(クレモンティーヌ)さんの
アニソンボサノバアルバム

ボクとの馴初めはこちらをご覧いただくことにして、
同作にボーナストラックを追加した限定版
に続き、3月10日にリリースされたのがこちら。


《アニメンティーヌ・プラス》にも手を出してしまった
俗物なボクですが、その時《続 アニメンティーヌ》の
告知がパッケージに入っていました。

不覚にもその発売を心待ちにしていたボク。
そして発売日前日の9日、渋谷タワーレコードで
無事にブツを入手しました。

もう、冒頭からブッ飛んでますよ。

1曲目は早いテンポの軽快なボサノバに載せて
「バイ!バイ!バイ!バイ!ラ・テル!」
と超直訳な歌詞にドーパミンが吹き出す
《宇宙戦艦ヤマト》!

凄いです、凄すぎです・・・。

そして《ゲゲゲの鬼太郎》や《アンパンマンのマーチ》、
《銀河鉄道999》にキテレツな《お料理行進曲》、
アルプスの少女ハイジな《おしえて》など
衝撃のナンバーが目白押し!

激しい、激しすぎです・・・。

そんな中、ボクの羞恥心を煽らせてくれるのは
dr.スランプ アラレちゃんのオープニング曲だった
6曲目の《ワイワイワールド》。
少なくとも10年は耳にしていなかったナンバー・・・。

もしipodで聴いていてヘッドフォンが外れてしまったら、
と思うとホラー映画並みの戦慄が走ります。

次回またこの路線でcdがリリースされたとしたら
もう手にすることはないかも知れませんが、
b級路線を真面目かつお洒落に歌い上げる
クレモンティーヌ姐さんの真摯な姿にほろ酔い気分。

しばらくボクはその歌声に酔いしれることでしょう。
銭湯の富士にモードなアニメンティーヌがイカす
異次元なジャケットとともに。


嬉し恥ずかし、
時に恐ろし。
トモヒコス

JUGEMテーマ:日記・一般
COMMENT









Trackback URL
http://s.tomohikos.com/trackback/94
TRACKBACK

TWITTER