人とモノとの出会いに感謝して日々を楽しむ
酒豪なアラフォーのトモヒコスこと佐藤智彦。
ボクの人生を支える愛するモノと音楽とともに
マイペース&セルフィッシュに語る人生の戯言集。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< the way you dream(インド・ゴア旅行記その2) | main | o barquinho(インド・ゴア旅行記その4/最終回) >>
yesterday was a lie(インド・ゴア旅行記その3)
ニラヤ・エルミタージュでの日々。

******
インド・ゴアから東京に戻って2日。
寒さに凍えながら度の様子を思い出しています。
今回含めあと2回ほど綴ります。
******


今回インド・ゴアのnilaya hermitage
(ニラヤ・エルミタージュ)では
「何もしない時間を過ごすこと」が目的でしたから
基本的には観光もせずにのんびりと過ごしました。

毎朝7時前に起き、お湯を沸かして温かい緑茶を淹れ、
ベランダで軽く果物をつまみながら明るくなる空を見ます。

8時半からヨガに参加して自分の心と身体を見つめ直し、
その後オレンジジュースとフレッシュフルーツ、
ミューズリーとミルクティーの朝食を摂ります。
ガーリックバターといただくパンも絶品なのですが
ボクは朝のマッサージを受けるため、朝食を軽くします。
また、他の宿泊客と一緒に他愛もない会話を楽しみます。

10時過ぎからアーユルベーダマッサージを受け、
その後はプールサイドで日焼け。
ほぼ一日プールやベランダで時間を過ごし、
基本的にはニラヤの敷地から外には出ません。

そして夕方にはプールサイドから、アラビア海や
遠くの丘に沈む夕陽を眺めます。

ヨガやマッサージは別としても、2週間や3週間
長期滞在する方もだいたいこんな感じでしょうか。

ゴアには世界遺産となっているカトリックの教会群、
中でもフランシスコ・ザビエルの遺体が安置されている
ボン・ジェス教会など見所も多いのですが今回はパス。
そのかわり21日の月曜日にはスーパーとビーチ、
23日にはフリーマーケットとショッピングに出かけました。

毎週水曜日にアンジュナの街で開催されるフリーマーケットは
観光客は必ず足を運ぶ一大イベント。
ボクにはほとんど買うものがなかったのですが
しつこい物売りやいかがわしいショップも多く、
ここもやっぱりインドだなぁ、と久々に実感しました。

ニラヤでの食事はゴア料理をベースにイタリアンや
フレンチの要素を取り入れたコンテンポラリーなコースなので、
外に出た時にはインドらしい食事をします。

ゴアではフランスやドイツをはじめヨーロッパや北欧からの
観光客がもの凄く多いのですが、リタイアされた年配の方や
ヒッピーの方(かなり高齢なヒッピーも!)が目立ちます。
彼らはみなゴールデンサンと呼ぶべき太陽を心から楽しみ、
この風景を見ていると、日本の美白信仰はなんなのだろう?
と思ってしまいます。

もともと色白のボクも日焼け肌が好きなので、
食用にも使えるココナッツオイルを塗って肌を灼いていました。

話を観光客へ戻します。
ゴアに来る方々は、ほとんどの方が住み着いているような長期滞在型で、
先ほどのフリーマーケットやスーパーは大賑わいです。

中でも近年増え続けているのがロシアの方々。
レストランのメニューや街の看板にもロシア語が
目立つようになってきました。
ボクがはじめてゴアを訪れた2001年とは違い、
これも景気の良いロシアならではのことなのでしょうか。

今日もゴア、そしてニラヤでは、ボクが滞在していた時と
同じ日常が繰り返されていることでしょう。

何もしないことがいかに贅沢であることか。
ゴアに行くとそんな想いを改めて実感するのです。

■本格的なアーユルベーダマッサージを受けられるニラヤの
セラピーセンターにはジムとスチームバスも併設。
ボクは3日間、同行者は5日間マッサージを受けました。

■毎朝アシュタンガヨガのクラスを受けられる道場。
周りはココヤシ、ブーゲンビリアといった南国の木々に囲まれ、
とても気持ちの良い空間。

■道場の中。
集中してポーズを取ると、目に見えるのは木や花。
自分が木や花になったと思えるほどポーズに集中出来、
鳥の鳴き声を聞きながらの瞑想は真に自分と向きあえます。
猿が騒いでいた時にはみんなで笑ってしまいましたが。

■雨期以外は毎日プールサイドから真っ赤な夕陽が見えます。

■アンジュナの水曜フリーマーケット。
日本で言うお祭りのテキ屋のような軒先が遥か彼方まで続きます。

■フリーマーケットでは、黄色いパラソルの店でココナッツを、
隣の店でゴアではよく見かけるハンドクラフトの星形飾りを購入。

■ニラヤ宿泊客にも人気の、ヨーロッパ人観光客が中心の
ビーチ"cafe roma"。
賑やかなカラングートビーチの一角にありながら
とても静かで美しいビーチ。

■"cafe roma"でのランチ。
所謂「海の家」なので食器は割れにくいメラミン製ですが
安くて味はなかなか。
オーナーのantony francisco fernandesさんはゴアでは
名士らしい。

■カラングートのメインビーチにある、ボク行きつけの
"sun n' sand"。
いつでも混雑するカラングートのビーチを見下ろせる
風通しがよく心地よい空間。

■ゴア名物のエビやイカを中心に、久々のタンドーリチキンに
大満足のランチ。
こちらも海の家的なレストランですが、料理は本格派。
インドを代表するビール・キングフィッシャーの
ストロング大瓶が置いてあるのもボクがお気に入りな所以。

■スーパーへ行った時、猫のモニカに缶詰を買ってきました。
"me-o"というネーミングもキュートです。

■暑い昼間、モニカはバルコニーにある椅子の下でお昼寝。
今日も同じように寝ていることでしょう。


もうちょっとだけ続きます。

----------------------------------------
《本日の一曲》
■telepopmusik / "genetic world"より
9曲目"yesterday was a lie"。

同曲を素敵な静止画とともにyoutubeにupされている方がいました。
こちらです。
----------------------------------------

時が過ぎ行くほどに
募る想いが恋心にも似て。
トモヒコス

JUGEMテーマ:日記・一般
COMMENT









Trackback URL
http://s.tomohikos.com/trackback/91
TRACKBACK

TWITTER