人とモノとの出会いに感謝して日々を楽しむ
酒豪なアラフォーのトモヒコスこと佐藤智彦。
ボクの人生を支える愛するモノと音楽とともに
マイペース&セルフィッシュに語る人生の戯言集。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< it might as well be spring | main | chanson illusionist >>
if we don't
幻のように降り積もり、
夢のように消え去った雪。


気がつくと、また久々の更新になってしまいました。

先週末の連休に続き、
東京では昨晩も雪が降りましたね。
しかも5cm以上積もるのは
本当に久々のことです。

昨日は自宅で作業していて、
そろそろ一段落をと思って窓の外を見た時、
雪国のような真っ白な世界!
一瞬たじろぎました。

あっという間に降り積もった雪。
冬の苦手なボクですが、
雪が降らないと冬という気がしません。

あたりの音を吸収してか、
これ以上ないほどの静寂さとともに
しんしんと降り積もる
幻想的な雪の晩が好きです。

そして雪の止んで空気も澄んだ晴れ空に、
トレッキングで耳にする湧水のように、
雪が溶け出し、屋根や軒先から聞こえる
有機的な水の音が好きです。

そんなボクの想いが伝わったかのように
昨晩から今朝にかけては、
まさにボクの理想とする
雪の降り方でした。

今日の輝く晴れ空にほとんどの雪が
あっという間に融けてしまいましたが、
今シーズン一度も雪山に入山していないボクには、
ちょっとでも雪を堪能する良い経験でした。

さて、冬の寒さは十分身に染みましたから、
そろそろ暖かさも恋しいものです。

■昨晩近所はこんな様子でした。

■静寂に包まれる銀世界の公園。

■雪解け後の蝋梅の薫りに顔を出した近所のチェリーちゃん。

■文字通り、箱入り娘ならぬ箱入り息子です。

----------------------------------------
《本日の一曲》
■sharon lifshitz / "two puppets on a string"より
9曲目"if we don't"。
----------------------------------------

雪降りて、冬との別れ
惜しみなし。
トモヒコス

JUGEMテーマ:日記・一般
COMMENT









Trackback URL
http://s.tomohikos.com/trackback/87
TRACKBACK

TWITTER