人とモノとの出会いに感謝して日々を楽しむ
酒豪なアラフォーのトモヒコスこと佐藤智彦。
ボクの人生を支える愛するモノと音楽とともに
マイペース&セルフィッシュに語る人生の戯言集。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< por causa de voce | main | it's alright with me >>
flamenco sketches (nicola conte new rhumba version)
お正月気分を締めくくる、格闘技のような一日。


松の内も過ぎ、街からお正月モードが
すっかり消え去りましたね。

今年ボクはゆっくりのんびり
正月気分に浸っていたのですが、
昨日はそんな正月気分を締めくくる
かなりハードな一日でした。

まず昼間はボクが通うフィットネスジムで
マーシャル系レッスンを提供している
braft(ブラフト)というグループ主宰、
初のフェスティバルに参加しました。

場所は王子にある北とぴあのペガサスホール。
ボクは2本のレッスンに参加したのですが、
快汗度120%、気持ちの良い発散。
特に2本目は今年初めてのミット打ち!

ボクは以前某プロのキックボクシングクラスに
参加してたのですが、最近はご無沙汰・・・。

今回のミット打ちは昨年12月以来初だったのですが、
基本的にはエクササイズなので
曲にあわせてシャドウボクシングを行い、
インストラクターがミットを持って廻ってくるもの。

ただし今回のレッスンは何とインストラクターが9人!
つまり息の抜けないミット打ちの嵐。
怒濤の70分でしたが、久しぶりに
本当に気持ちの良い汗をかきました。

レッスンの後、本当は銭湯に立ち寄るつもりでした。
というのもジムではないためシャワーの設備がないのです。

同じビルにあるシャワーが使えたようなのですが
イベント会場が15階なのに対し、シャワーは地下1階。
しかも2つしかないとのことで、清く諦めました。

さらにインストラクターたちとの交流イベントに
参加していると、次の予定までの時間が迫り・・・

結局シャワーも銭湯も不可能となったのです(哀)。

水道の蛇口をひねってワイルドに頭を突っ込んで洗い、
身体は何とかデオって、表参道へと向かいました。

実は昨晩はボクの本拠地(?)であるシュラスコレストラン
《バルバッコアグリル》にて、ボク主宰の新年会でした。

今回のメンバーは・・・

イタリアンレストランのイケメンシェフ、
pr関係の仕事をしているウザキャラ女子(失礼)、
ファンキーで激辛トークな畳屋さん、そして
その友人でオーストラリアから一時帰国中の女子。

ボクシング3ラウンドのようなノンストップで
嵐のような食べ飲み放題、ここでは言えない
放送禁止用語だらけの辛口トーク。
そして絶え間ない笑い。

表参道へ着く前に既にバテバテのボクでしたが、
そんな疲れも吹き飛ぶような楽しい時間でした。
これもユニークで人間性豊かな面子のおかげです。

参加メンバーに、この場を借りてお礼を。
またぜひ楽しみましょう!

そういや誰も写真撮ってなかったなぁ。
撮る時間もない程の強烈な慌ただしさだったし・・・。

激しいエクササイズと、同じく激しい新年会。
正月気分の終わりを彩る、充実した一日でした。

1月も既に中盤。
さぁ、そろそろ気分を入れ替えますよ!

■正月の気分を残す玄関先の大王松(ダイオウショウ)。

毎年年末に大王松の枝を手に入れるのですが、
今年は近所の方のお庭で剪定した枝を分けてもらいました。
フレッシュな針葉樹の香りとともに、
しばらく青々しさを楽しめそうです。

----------------------------------------
《本日の一曲》
より、disc5の1曲目the dining roomsの
"flamenco sketches (nicola conte new rhumba version)"

良質なラウンジミュージックをたっぷりと味わえる、
アルゼンチンのレーベルpmb musicのコンピレーションcd
"prive"。

2009年リリースの本作は、何と6枚組、計84曲もの
選りすぐりトラックを収録したボリューム版。

alex gopher、 thievery corporation、 "cafe del mar"シリーズで
おなじみのdj jose padilla、 emiliana torrini、 kruder & dorfmeister、
pink martini、 "hotel costes"でシリーズのdj stephane pompougnac
をはじめ、ラウンジ系エレクトロアルバムではおなじみの強者たちによる
珠玉トラックの嵐。

その中に収録されている、the dining roomsの
"flamenco sketches (nicola conte new rhumba version)"は
koop(クープ)のごとき疾走感あるクラブジャズでイイ感じ。
あたかも格闘技的一日を過ごしたボクを追いつめるような
畳み掛けるジャズビートに共感を覚えます。

the dining roomsというアーティスト名や、miles davis
(マイルス・デイヴィス)へのオマージュと思しきタイトルも良し。

youtubeでの"flamenco sketches (nicola conte new rhumba version)"
試聴はこちら
----------------------------------------

何やかんやで、
慌てる感じが性に合い。
トモヒコス

JUGEMテーマ:日記・一般
こちらこそ初めての食事でしたけれど
昔から知っているような感じでした。
次回はもっと過激な場所でもっと濃い集いにしますよ!

ボクもマンボウ型のアイテムを探して街を徘徊しますw
tomohikos | 2011/01/12 17:18
ドドスコシュラスコ辛口の畳屋です。
先日最高でしたー!

今は九谷焼を目指して.....(笑
aoyagitatamiten | 2011/01/12 16:46
COMMENT









Trackback URL
http://s.tomohikos.com/trackback/77
TRACKBACK

TWITTER