人とモノとの出会いに感謝して日々を楽しむ
酒豪なアラフォーのトモヒコスこと佐藤智彦。
ボクの人生を支える愛するモノと音楽とともに
マイペース&セルフィッシュに語る人生の戯言集。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< blue skies(尾瀬ネイチャースキー体験) | main | a swan song (for nina)(映画《ブラック・スワン》鑑賞記) >>
breve primavera(片品村の春)
尾瀬の、帰りのお楽しみ。


人生初のクロスカントリースキー体験で
先週尾瀬に入山したボクですが、
帰りのお楽しみと言えばもちろん温泉!

群馬県側鳩待峠を利用した際には
利便性も含め、片品村にある
《花咲の湯》という施設をよく利用します。

本来ボクは鄙びた温泉宿・・・
といった雰囲気の秘湯好きなのですが、
こちらがはあくまで近代的な日帰り入浴施設。

ですが、景色の良い露天風呂や
地場の食材を堪能出来るレストラン、
そしてゆったり寛げる休憩室など、
とても充実した施設なのです。

もちろんボクにとっては地元の穫れたて
新鮮野菜を買うことも楽しみ!
今回はタラの芽や行者ニンニク、
椎茸などの山菜をたっぷり選びました。

そしてこの時期特筆すべきことは・・・

何百匹もの壮観な鯉のぼりの姿!

施設のすぐ横にある谷間を渡るように
張られた何本ものワイヤーに、
それこそ無数の鯉のぼりが気持ち良さそうに
泳いでいるのです。

子供の頃生まれ変わったら鯉のぼりに
なりたいと思っていた(!)ボクにとっては
大人になっても心揺らぐ光景です。

そして今回は温泉を堪能した後
《天王桜》という桜を見に行きました。

片品村にはそれこそ何十回と足を運んでいるものの、
実はこの桜を目にしたのは今回が初めてのこと。

夜の20時頃桜に到着した時、
目に入ったのはライトアップされた幻想的な姿。

周りには何もない中一本だけ木立したその様は
樹齢300年を超えるという霊験灼かさと相まって
とても神秘的な趣でした。

ボクが見た時はまだ4〜5分咲きだったのですが
どうやら先週末に満開を迎えたようです。

片品村では例年この時期に梅や桜がいっぺんに花開き、
まさにひとときの春を謳歌出来る美しい季節。

尾瀬で雪と自然の素晴らしさを堪能した後に、
さらに続く自然の恵みを堪能した
想い出深い旅となりました。

■片品村のランドマークとも言える天王桜。

■片品村では美しいピンク色の木蓮も満開でした。

■道端で花開くチューリップとタンポポ。

■ムスカリも見頃も迎えていました。

----------------------------------------
《本日の一曲》
■fred martins / "guanabara"より
5曲目"breve primavera"。

同曲のitunesでの試聴はこちら
----------------------------------------

自然の恵みと刹那に
心の平安を求めて。
トモヒコス

JUGEMテーマ:日記・一般
COMMENT









Trackback URL
http://s.tomohikos.com/trackback/107
TRACKBACK

TWITTER