人とモノとの出会いに感謝して日々を楽しむ
酒豪なアラフォーのトモヒコスこと佐藤智彦。
ボクの人生を支える愛するモノと音楽とともに
マイペース&セルフィッシュに語る人生の戯言集。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< stay into my life | main | all the lovers >>
's wonderful
ボクの野菜生活。


見た目間違いなく肉食系のボクですし、
実際、その気になれば1kgくらい
ペロッと食べるほど肉が好きです。

でもその肉への欲求をはるかに上回る
野菜好きであるボクは、
三食野菜を食べないと気が済みません。

そんなボクの食生活を支えてくれるのが
平日毎日のように自由が丘に出没する
路上販売の八百屋さんです。

数人の八百屋さん、自由が丘の
東急ストア付近に出没します。

ある人は千葉から、またある人は埼玉から
販売に来ているのですが
どの野菜もとにかく新鮮で味が濃く、
質も良いものばかりが揃っています。

そして驚くべきはその破格値!

例えば立派な葉付きの大根が1本80円!
ホウレンソウが一束50円!!
ミツバが1パック10円!!!

・・・といった具合です。

心にも身体にもお財布にも優しい
この八百屋さんたち、
フリーマーケットのような雰囲気と
緩い勘定加減が何とも心地良いのです。

別のお客さんとの会話が弾んだり
(オバ化、とも言う・・・)
悩んでいるお客さんには
何故かボクが接客してしまうことも。

そんな八百屋さんたちのことを
ボクは「奇跡の八百屋」と呼んでいます。

今日もボクの身体は
奇跡の野菜たちによって育っていくのです。

■2軒の「奇跡の八百屋」で出会った野菜たち。

千葉の八百屋さんは魚や漬け物を持ってくることも。

■奇跡の八百屋の一軒、ほとんどが100円以下。

■今回一番の収穫、4kg近くある巨大なタケノコ。

10cm近くある大きなデコポンとの比較でこの大きさ。

■でも、煮た後はこんな姿になりました、の巻。

10リットルの寸胴にも全部は入らず、上下天地返しで
数時間かけて煮た後の姿。
昨晩刺身でいただきましたが、煮物やパスタ、
味噌汁で頂く予定です。


----------------------------------------
《本日の一曲》
■joao gilberto / "amoroso"より
1曲目"'s wonderful"。

youtubeで視聴可能な同曲のライブ映像はこちら
----------------------------------------

我が身を支える
自然の恵みに感謝して。
トモヒコス

JUGEMテーマ:日記・一般
COMMENT









Trackback URL
http://s.tomohikos.com/trackback/104
TRACKBACK

TWITTER