人とモノとの出会いに感謝して日々を楽しむ
酒豪なアラフォーのトモヒコスこと佐藤智彦。
ボクの人生を支える愛するモノと音楽とともに
マイペース&セルフィッシュに語る人生の戯言集。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< hai hai hai | main | stay into my life >>
sympathique
懐かしくて、新しい
ディプティックの心くすぐるコレクション。


季節が新しくなると買い揃えたいモノがあります。
その中の一つが、フランスのフレグランスブランド
diptyque(ディプティック)のキャンドルです。

ところでディプティックに限らずに、
もし「一番好きな香りは?」と尋ねられたら
ボクは迷わず「サンダルウッド(白檀)」と答えます。

基本的にそのサンダルウッドをはじめとするウッド系や、
パチョリ、ベチバーといったアーシーな香り、
花ならばイランイランやジャスミンといった
全体的にエキゾティックな香りがボクの好みです。

ディプティックで一番好きな香りは"feu de bois
(フドボワ)"というもので、何と薪の香り!
温かみのある秋冬にぴったりの香りです。


さて、桜も咲く暖かい春が訪れたので
キャンドルを新調したいな、と想っていたところ
"saint germain 34(サン・ジェルマン34)"なる
新しいコレクションが登場したのです。

これはチェックするしかない!

通常ディプティックのキャンドルは、印象的なオーバルの
ラベルが付いたクリアなグラスに入っているのですが、
サン・ジェルマン34の外装は美しいホワイトの陶器製。
上から見ると楕円形のスリムな形状をしています。

さてその香りは・・・

う〜ん、何とも表現しがたい・・・。

女性的でもなく、男性的でもない。
懐かしくもあり、新しくもある。
複雑でありながら、心を揺れ動かすような
ちょっぴりパウダリーで安らぎを感じる、
といったところでしょうか(伝わらないはず・・・)。

ディプティックの一号店であるパリの住所をその名に戴いた
シグネチャーコレクションと呼ぶべきこのコレクションは、
何でもショップに足を踏み入れた時の香りを表現したのだとか。

つまり数々のディップティックを代表する香りを組み合わせて
絶妙なハーモニーを織りなすように調香されているのです。

キュリアスなボクとしてはその香料を知りたい!と思い
店員の方にお尋ねしたところ、何と20種類もの香りが!

その内訳は・・・

ベルガモット/カシス/イチジクの葉/パチョリ/
ベチバー/イチジクの樹液/ゼラニウム/ローズ/
チューベローズ/ローズベリー/シナモン/トンカビーンズ/
グリーンカルダモン/クローブ/コリアンダー/シダー/
シスト/サンダルウッド/ベンゾイン/ホワイトムスク

とのこと。

これだけの香りが使われていると、俄にその香りを想像するのは
難しいのですが、個人的にはイチジクやローズ、ムスクといった
香りがアクセントに効いている印象を受けました。

ちなみにサン・ジェルマン34シリーズは、キャンドル以外にも
ルームフレグランスやオードトワレをはじめとする
フルラインナップが揃っていて、パッケージにも相当のこだわりが。

全体的にホワイトを基調にした清潔感漂うパッケージが印象的ですが、
ルーム系アイテムにはグリーン、ボディ系にはパープルがさりげなく
あしらわれており、どちらも本店の内外装に使用されている
カラーのようです。

また、キャンドルは巾着型の小袋に包まれた上で
スタイリッシュな外箱に収まっています。

さらにオードトワレのアトマイザーにはキャンドルの芯を
使用しているのだとか!
マグネット式のベークライト製蓋も素敵で
食指がピクピクと動きました。

先週の金曜日から先行販売されている伊勢丹新宿店では
ショッピングバッグや薄紙までサンジェルマン34専用のモノが
用意されており、ついテンションが上がってしまいました。

インテリア性にも優れたコレクションは大切な方への
ギフトとしてもぴったりですね。

今ではそれこそ星の数ほどのフレグランスキャンドルが
世に出回っている時代ですが、ディプティックの香りは
あくまでも自然でありながら、様々な情景が頭に思い浮かぶような
非常に作り込まれた香りであることが、芸術的と呼べる
所以ではないでしょうか。

だからでしょう、いつもボクが新しい香りを探そうとしても
ついついディプティックの香りの中から選んでしまうんですよね。
たまには他のブランドのキャンドルも使いたいんですけれど。

あっ、ちなみにまだサン・ジェルマン34のキャンドルには
点火していません。
勿体なくて今は外からその香りを嗅ぐに留まっているのです。

■こんな素敵なショッピングバッグに入れていただきました!
オーバルな模様があしらわれた横のデザインにも注目を。

■これが《サン・ジェルマン34》のパッケージ。
巾着型の小袋に包まれた後、外箱に収まっています。

■オードトワレのサンプルやdmもいただき、
総勢でこんな感じに。

■我が家のディプティックコレクション。


◆ディプティックの公式webサイトはこちら

----------------------------------------
《本日の一曲》
■pink martini / "sympathique"より
3曲目"sympathique"。

フランス語レッスンも兼ねた?ユニークな同曲のビデオを
youtubeで視聴出来ます。こちらから。
----------------------------------------

香りの織りなす迷宮で
見事迷子となりて、今。
トモヒコス

JUGEMテーマ:日記・一般
COMMENT









Trackback URL
http://s.tomohikos.com/trackback/102
TRACKBACK

TWITTER