人とモノとの出会いに感謝して日々を楽しむ
酒豪なアラフォーのトモヒコスこと佐藤智彦。
ボクの人生を支える愛するモノと音楽とともに
マイペース&セルフィッシュに語る人生の戯言集。
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
love is stronger than pride(復活のディーバたち2)
還ってきたディーバたち、
いや、魔女たちと呼ぶべきか。

前回の続きと言いながら
またもや久々の更新・・・。

そう、jlo(ジェイロー)ことjennifer lopez
(ジェニファー・ロペス)ともども
見事復活を果たしたディーバの話題です。



かつて80年代、ボクが中学や高校の頃
今では小っ恥ずかしい「お洒落サウンド」と言えば
antena(アンテナ)やbasia(バーシア)はもちろん
その頂点に輝いていたsade(シャーデー)。

特にボクにとってはオープンしたばかりの
渋谷loft1階に軒を構えていたcdショップwaveで、
発売と同時に大々的にプッシュされていた
彼女のアルバム"stronger than pride"が
青春のヒトコマを彩る清き(?)想い出に。

まさに一つのジャンルとも呼べるシャーデー。

ジャジーでありながらソウルフルでもあり、
静かな情熱と大人の色香を
あくまでもクールで包み込むように聴かせてくれる
「永遠のお姉さん」的存在なシャーデー。

しかしシャーデーは寡作のアーティスト、
デビューから30年近く経つのに
オリジナルアルバムはわずか6枚ほど。

しかもアルバムとアルバムとのリリース期間が
永く空いてしまった時、シャーデーのボーカルである
sade adu(シャーデー・アデュ)のインタビューでは

「ボーイフレンドとの出会いと別れがあって
その間に住む場所も変わって
気がついたら月日が経っていたの」
(確かそんな内容、ボクの記憶による)

この世知辛い世の中で、何たるマイペース発言!

そんな時代に左右されないところも
ボクがシャーデーを愛して止まない理由の一つかも
知れません。

さて、そんなシャーデーですが
先月あたりからfmでは彼女の"the moon anr the sky"の
リミックスナンバーがヘビーローテーションされていますが
これまた何とjay-zをフィーチャーした異色ナンバーに!

そんなナンバーで話題を届けてくれたシャーデー、
同曲と新曲3曲を含む2枚組のベストアルバムを
リリースしてくれました。

しかもそのアルバムから遅れることわずか
16曲のプロモーションビデオを収録した
dvd付き豪華版もリリース。

そりゃ永年のファンとしてはdvd付きを
買わない訳にはいかないでしょう。

正直、殆どの曲は既に持っているのですが、
何だか同窓会に参加する様な懐かしさもあり
今再びシャーデーのまったりとした世界に
ハマっているボクです。

ところでそんなシャーデー同様、
復活を果たした魔女たちもいました。


■stevie nicks / "in your dreams"

スティーヴィー・ニックス!

fleetwood mac(フリートウッド・マック)の
リードボーカルとして、かつてティーンのボクを
魅了した魔女。

還暦を過ぎても妖精の様な怪しい魅力と
一度聴いたら忘れられない歌声の持ち主。

ソロとしての作品は10年ぶりでしょうか。

まぁ、この新作は聴いていないので分かりませんが
彼女も昔と変わらない世界を繰り広げているのでしょう。

しかしフリートウッド・マックって
別れた夫婦や恋人が同居する
かなりドロドロのバンドだったんだなぁ。


そして驚きの復活がもうひと方!


■kate bush / "director's cut"

まさに魔女!ケイト・ブッシュ!

こちらも聴いていないので何とも言えませんが、
何でも6年ぶりの新作だとか。
しかも以前のアルバム収録曲の歌詞を変えたり
まったく異なったアレンジで録り直したナンバーを
収録したとのことでタイトルは《ディレクターズ・カット》。
限定版もありました。


いやはや、やはり女性が強い時代なのでしょうが
懐かしい面々が綿々と活動を続けていることに
何だか嬉しさを感じずにはいられません。
やはりボクが歳をとったということなのでしょうが。

----------------------------------------
《本日の一曲》

■sade / "ultimate colection: deluxe"より
disc1の8曲目"stronger than pride"。

ボクにとっては想い出深い、懐かしのナンバー。
----------------------------------------

かつてボクを魅惑した
魔女たちの歌声が、
今再び。
トモヒコス

JUGEMテーマ:日記・一般
on the floor feat. pitbull(復活のディーバたち1)
あのディーバたちが還ってきた!



数ヶ月前から頻繁にfmでオンエアーされていて
ボクを悩ませるランバダのメロディ。

そう、j.lo(ジェイロー)ことjennifer lopez
(ジェニファー・ロペス)のニューアルバムが
リリースされたのです。

ボクのことをよく知る人たちは
かつてボクがジェニファー狂いだったことを
よく知っていることでしょう。

確かにファーストアルバムの"on the 6"
職場でもbgmとしてプレイしていたり(!)
映画《ザ・セル》にはまっていたりと
かつてはかなりのファンぶりを発揮していたボク。

ところが彼女の派手な恋愛遍歴にドン引きしたり、
ファッション業界や香水業界への参入、
そしてたびたび伝えられる「嫌な女ぶり」に
その後のアルバム共々ちょっと興味を失っていました。

極めつけは彼女がホテル宿泊時にリクエストする
わがまま過ぎるリクエスト!

「部屋の壁は白く塗装されていること」
「白いユリまたはバラが活けてあること」
「ディプティックのキャンドルが部屋中に置いてあること。」
「室温は25.5度に設定してあること」

正直「何様?」と言った感じですが、ホテルとしては
同行者が100名も泊まったり、宣伝になったりと
満更でもないかも知れません。

そんな女帝j.loのアルバムに先行で発表された新曲
"on the floor"はご存知の通りランバダをネタにした
あまりにも狙い過ぎのナンバー。

確かにボクが高校生だった頃、学校帰りに立ち寄ることが
日課だった渋谷waveにてワールドミュージック担当だった
kさん(お元気かしら?)がランバダを品出し&試聴している
現場を目撃、ボクも即買いしてハマりまくりました。

そんなランバダ、確かに今なら新鮮かも?!

そう言えばj.loはかつて《ランバダ/青春に燃えて》
という既に世界が忘れてしまった映画に出演していました。
実はボクもかつて観たことがあるのですが、ランバダを
使っている訳でもランバダに関連したものでもない
便乗商品だったこと以外は何も覚えていません・・・。

さて、ランバダを使った"on the floor"ですが、
j.loの狙い過ぎた作戦に「確信犯だろっ!」と思いつつも
見事にハマってしまったボク。

渋谷のセンター街にj.loのナンバーが流れる中、
先日日本盤リリースに先駆けて輸入盤を入手。
しかも5曲ボーナストラックの入ったポスター付き
デジパック仕様をチョイス・・・文字通り踊らされています。

タイトルの"love?"と言うのも気になりますが、
ジャケットやポスターには彼女の「自分大好き!」な
主張がひしひしと伝わってきて、正直アルバムの内容以上に
何となくもうお腹いっぱいになってしまった気がしました。

それでも、メーテルもビックリの睫毛でやる気満々な
4年ぶりの彼女の新作は、踊り踊る踊れ的な内容で
ノリだけで生きているボクには
それなりに楽しめそうですがね。

そしてタワーレコードではj.lo以外にも
見事な復活を遂げたディーバたちの情報を入手!
長くなりそうなので続きはまた、ということで。

しかしj.lo、何やかんや言っても2008年に男女の双子を
出産したりと、やっぱり彼女には濃い女性性を感じてしまいます。

----------------------------------------
《本日の一曲》

■jennifer lopez / "love?"より1曲目
"on the floor feat. pitbull"。

さりげなくタイアップの薫り漂う女王様のyoutube
公式ビデオクリップはこちら
----------------------------------------

頭で反応しなくとも
腰がついつい動いてしまう、
そんな30代も終焉間近、か。
トモヒコス

JUGEMテーマ:日記・一般

TWITTER