人とモノとの出会いに感謝して日々を楽しむ
酒豪なアラフォーのトモヒコスこと佐藤智彦。
ボクの人生を支える愛するモノと音楽とともに
マイペース&セルフィッシュに語る人生の戯言集。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
what's new(大島紬専門店に想う)
 新しい文化を紡ぐ、伝統技術発信拠点。



大島紬と言えば時が経つほどその風合いが増し、
親から子へ、そして孫へと受け継がれる着物として
かつて多くの日本の家庭で愛され続けられていたモノ
ではないでしょうか。

しかし和服を着る機会の減った現代では
大島紬は高級品の一つでもあり、
正直敷居の高さ(少なくともボクには)や、
生産者の後継者問題など
大島紬の文化自体が少しずつ廃れてきた気がします。

想えば小学校での伝統工芸の授業で
ボクが取り上げたテーマは大島紬でした。余談です。


大島紬が未来へ羽ばたくために・・・
新しい文化拠点が銀座にオープンしました。


「新しい時代の新しい着物店」を目指し
今や銀座の顔の一つでもある呉服店《銀座もとじ》。

その銀座もとじが先週末2月25日に大島紬専門店
《銀座もとじ 大島紬》をオープンされ、
オープニングパーティにお邪魔してきました。

もとじは銀座3丁目の松屋から東に二筋入った
銀座三原通り沿いに3つの異なる店舗を構えており、
《銀座もとじ和織・和染》《銀座もとじ 男のきもの》
に続いてオープンされたのが、今回の大島紬専門店。

もとじは今までも日本全国の産地や作家を紹介するだけでなく、
定期的に《ぎゃらりートーク》という
生活社が染織現場の生の声に触れられる場を提供したり、
剪定されては捨てられる銀座の柳を使ったモノ作りをしたり、
同じくその柳を使って泰明小学校で染めの実習を行ったり、

さらには世界初、そして唯一である雄の繭から穫れる生糸
《プラチナボーイ》をプロデュースしたり、と
様々な文化活動をされてきました。
(なぜ雄の生糸が優れているのかはこちらをどうぞ)

今回もとじが大島紬専門店をオープンされたのは
店主である泉二(もとじ)弘明さんのルーツでもある
奄美大島への熱い想いが込められています。

マラソン選手候補として奄美大島から上京された泉二さんが
怪我のために陸上への夢を諦めた時、
お母様が持たせてくれた、お父様の形見である大島紬に
自身の宿命を感じられたそうです。

「よし、自分は着物で身を立てよう、これで生きていくんだ」
と心に固く誓ったという泉二青年。
大島紬はまさにもとじの原点であるのです。


しかし年々生産者は減り、今や絶命寸前の状態である大島紬。
もし5年後や10年後に手を打ったのでは
「あの時やっておけばよかった」と後悔するかもしれない。

それほど一刻を争う状態である貴重な技術の継承を途絶えさせないために
泉二さんは「大島紬の復活と可能性」をテーマに
大島紬専門店をオープンされたそうです。

大島紬と言えばテーチギ(車輪梅)を使った所謂泥染が一般的ですが、
店内ではそのイメージを大きく覆すカラフルで軽やかな反物や
現代的な新しい着こなしに相応しい柄のものなど、
今まで目にしたことのない新しい時代の大島紬に溢れていました。

ボクは初めて見た大島紬の袴地に心惹かれました・・・。

さて、オープン当日に行われたぎゃらりートークでは
奄美大島から生産者の方もお越しになり、
ワインやフードをつまみながら楽しいお話を伺うことが出来ました。
来場された常連さん60名あまりの方は、みな着こなし上級者の方ばかりで
ボクはちょっとタジタジでしたが。

伝統技術を守り、次世代へ紡いでいくことの難しさと現状、
そしてそれを超越する泉二さんの想いとパワー。

ボクにとっては勉強になったとともに、
自身の気が引き締まる、モチベーションアップの
気力を注がれた気がしました。

「オリジナル大島紬」「銀座もとじセレクト大島紬」そして
「伝統を守った大島紬」。

この3本の柱に支えられた《銀座もとじ 大島紬》が
新しい日本の柱の一つになると確信した夜でした。


《銀座もとじ》のウェブサイトはこちら


■のコンパクトな店内に、大島紬の伝統と未来が詰まっています。

■お土産に奄美黒糖焼酎《里の曙》をいただきました。

----------------------------------------
《本日の一曲》
■john coltrane quartet / "ballads"より
6曲目"what's new"

itunesでの試聴はこちら。
----------------------------------------

新しい、伝統発信のカタチに
想いも新たに。
トモヒコス

JUGEMテーマ:日記・一般
stormy weather
装飾系男子?


嵐のような昨晩の雨が上がると、
今朝は青空が広がっていた。
ボクにとって夏は特別な季節なので、
夏に関する話題は尽きない。

今日は、ボクにとっては珍しいアクセサリーの話題に
触れてみよう。

ボクはあまりアクセサリーと縁がない。
ここで言うアクセサリーとは、ファッションとしての
アクセサリーだが、もともと貴金属を身体に着けることが
好きではないため、ほとんど興味を示すことがないのだ。

ところが今年は、梅雨が明ける前から夏本番の陽気が多く、
普段の格好はもっぱら短パン+ポロシャツ、もしくはTシャツ。
こういうラフな格好で、しかもここ一年程腕時計を持ち歩かない
生活をしているので、何となく腕周りが寂しくなってしまう。

かつてはよくエスニック系のウッド製や、タイガーアイの
数珠のようなブレスレットを着けていたことがある。
でもここ数年、似たようなものを着けている方を良く見かけるし、
何となくオジサマ系に思え、あえて避けるようにしていた。

ところがこの夏は暑さに比例してか、ボクの気持ちが昂り
珍しくブレスレットを購入することにした。
なかなかお気に入りが見つからなかったのだが、
ピンと来たものが立て続けに登場。

という訳で、現在3つのブレスレットを愛用している。

1つ目はchan luu(チャン・ルー)というブランドのもの。
現在ロスアンゼルスとニューヨークにブティックを構える
同ブランドは、ベトナム出身の女性デザイナーが1996年
ロスで立ち上げたもの。

天然石やレザーを使い、ハンドメイドで作られた
クラフト感あるデザインは、何となく今のボクの気分にぴったり。
マルチカラーのビーズ遣いと、4重に巻き付けるアーシーなテイストが
見た途端に一目惚れして思わず購入してしまったのだ。

2つ目は「小数珠」なパワーストーンブレスレット。
もともと開運ものや風水ものとはいっさい縁がないのだが、
何かを感じて(?)ストーンショップへ赴き、希望のイメージで
店員のお姉さんに作ってもらったのだ。

最後はjam home madeという日本のアクセサリーブランドのもの。
シンプルな鹿革の紐を3重に巻き付けるもので、カラーはボクの好きな
鮮やかなグリーン。
ボクの生まれ月である8月の誕生石、ペリドットをイメージしたものらしく、
12ヶ月にちなんで計12色のカラー展開がある。

そして、留めのブラスには何とブラックダイヤモンドが付いている!
ダイヤと聞くと思わず身構え、ちょっと退いてしまうボクだが、
よく見ないと分からない大きさ、しかも1万円未満の手頃さだったので
思わず試してみることにした。

1つでもそこそこインパクトのあるアクセサリー達だが、
威嚇するかのように(?)ボクはあえてまとめて着けている。
ところがボリューム感のある割には思った以上にシンプルで、
すっかり腕に馴染んでしまった。

ただ、これ以上購入しないように自分を戒めている。
ボクのことだから、つい調子に乗ってしまいそうだから。

■この夏愛用のブレスレットたち。

左から、パワーストーン「小数珠」、チャン・ルーの4連巻き、
ボリューム感がありながら、意外とさりげなく腕に馴染む点が
お気に入り。

■保赤軒の「多幸扇」。

暑さに耐えかねて、ちょっと良いめの扇子を新調。
60本以上使用した骨組みはしなりがよく、風もしなやか。
店員の方には、白っぽいカラーは年配の方が好む、と
教えていただいたが、涼しげだったので濃色は避けた。

■本日の朝、雨の上がった東京タワー。六本木ヒルズより。

まるでrene magritteの絵画のような青空が印象的だった
今朝の東京。
雲が流れ、暑さが戻り、夏がやってくる。

■louis armstrong "an american songbook"

satchmo(サッチモ)の愛称でおなじみ、louis armstrongが
verveレーベルに残した録音から、george gershwinやcole porter
といったアメリカの作曲家のナンバーを集めた編集版。
全12曲ながらも、彼のトランペットもボーカルも存分に楽しめる、
ボクにとっては昔からの愛聴版。

1曲目のスタンダードナンバー"stormy weather"は、数多くの
ボーカリストが録音しているが、satchmo版がボクの心に染みる。
嵐の去った後、ボクの頭の中にはいつも彼の歌声が流れる。


待ち焦がれた夏、装飾に
その想いを託して。
トモヒコス

JUGEMテーマ:日記・一般

TWITTER